ノア +Plus

ぴょんた

今日は写真なしの長文です~
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

あたしが小学生のときに「ぴょんた」と名づけたクロネコが近所に居ました。
真っ黒い大きなネコで筋肉質で、目つきも鋭いネコだったけど
子供ならではの好奇心は恐怖心を上回り、
必死で手なづけ?、一緒に仲良く遊ぶようになりました。

ぴょんたは他の猫たちと違って、肝が据わっているというのか・・・
子供が走り回ったり、叫んで遊んでたりしても、慌てて逃げ出すような猫ではなく、
足元にまとわりつきながら一緒に遊びをこなすようなネコでした。
きっと賢いネコだったんだと思います。

ぴょんたは野良猫でした。
まぁ、この時代はどこもそんなものでした。
ネコは外。
そのまま逃げていつの間にか野良猫。
近所に住んでたおばちゃんに餌をもらっていました。

ところがこのおばちゃんが突然亡くなったのです。
自然とぴょんたは、ネコ嫌いの娘さんに追い払われてしまいました。
ここらあたりから、ぴょんたがおかしくなっていったように思います。


まずはネコ。
うちのネコも、何度も追い回されて帰ってきました。
ひどく噛まれて帰ってきたりもしました。
おしっこやウンチを漏らして帰ってくることもありました。
相手は筋肉質の大きなクロネコだから、そりゃ怖いんでしょう。
「うにゃーーっ!」と聞こえれば、夜中でも家族で外に繰り出してネコを助け出す日々でした。

そして子供。
うちのネコを助けるときに、何度か威嚇されていたので、あたしも怖くてぴょんたを自然と避けてました。
ぴょんたが道に座ってるのが見えたときは、道を変えたりもしました。
ある日弟と道を歩いてると、向こうからぴょんたがトコトコ近づいてました。
今は二人で歩いてるんだし、
もしかしたらぴょんたも普通に戻ったかも!なんて期待もあり油断したんでしょうね。
ぴょんたはゆったりと足元にやってきました。
そして足にすりよったかと思うと、あっというまに足にしがみついて、がぶーーっ!!
両手の爪をがっしりと肉に食い込ませて、何度も何度も噛み付いてきます。
叩いても離れません。
ひっぱっても離れません。
叫んでも叫んでもびびりもしません。
そうこうしてる間に足は血まみれ、履いてたズボンはずたぼろに。
これはだめだ。
子供の力でどうにかなるものじゃない。
物凄い筋肉でした。
硬い身体。
「お父さん呼んできて!!」と、弟を家に走らせ、孤軍奮闘。
恐怖と、でもどうにかしなくちゃ!という思いでぐちゃぐちゃになりながら
必死に叫んで叩き続けました。
今思えば、顔を狙われたりしなくて良かったなーと思ってみたり。

ふと、噛み飽きたかのように、ぴょんたはふらっと離れてどこかに消えていきました。
あたしは一刻も早く家に帰ろうと、右足を引きずりながら必死に家に帰りました。
ちょうど連絡を受けた親が迎えに来てくれて、家でズボンを捲り上げてみると・・・・ひでぇ・・。
あちこちから血が吹き出して、無残でショックな光景でした。
ネコが本気になれば、こんなにも破壊力のある動物なんだと思い知りました。

しかしぴょんたの本気はこんなもんじゃなかった。
ある日の回覧板。
「クロネコがヒトを襲う!」
回覧板の内容は、
「林を散策中の大人7人が、クロネコに襲われ怪我を負った」といったものでした。
これは絶対ぴょんただわ・・・。
林という自由に身動きできない空間でとは言え、
成人男性を含む7人に立ち向かっていくとは、正気じゃないわ・・・。

この事件のあと、ぴょんたはふっと居なくなりました。
噂では、町内会で「ぴょんたを保健所につれていこう」という動きが起き、
亡くなったおばさんの旦那さんが、不憫に思いどこか遠くに捨ててきた。
と、囁かれていましたが・・真実は闇の中です。
「月寒の方に捨ててきたらしいよ」とのことでしたが、
このブログを読んでいて心当たりのある人は情報をくださいww
20年前の話ですがw


ぴょんたに何があったんだろうと今でもたまに考えます。
おばさんの死が理解できなくて、捨てられた、裏切られたと思ったのか。
一人になり、恐怖を感じたのか、怒りを感じたのか。
多少、素質はあったにしても
子供と一緒に遊んでいたネコだったはずなのに、
何を思って人間を襲うような凶暴なネコになってしまったんでしょうね。

実家に帰ったとき母親に
「ノアの身体はずいぶん筋肉質!
しかもテーブルの下から引っ張り出そうとしたら、私の手をひっぱたいてくるんだから!
きかないネコだわー! ぴょんたみたい!」
といわれて、ちょっとドキッとしたんです。
のあさん。
あたしは生涯、あなたを手放すつもりはないですが、
仮にはぐれてしまうときがあったとしても、今以上に凶暴にならないでくださいね。
ノアは依存しているようで、意外と薄情者だから平気かしらww


☆お手数ですが、ぽちっと応援おねがいします!
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ

あと、ぴょんたのその後を知っているヒトがいれば
コメントよろしくですw
[PR]



by panya_poppo | 2008-08-21 00:13 | ネコ | Comments(6)
Commented by ライト(保護者) at 2008-08-22 00:02 x
足をひどくかまれてよくネコ嫌いになりませんでしたね
子供の頃そんな目にあってたらネコ恐怖症になってたかもしれないな。
人を襲うネコってはじめて聞きました。
ちなみに自分も最近ライトに足をかじられてます。
通りすがりにガブっと。
ハーフパンツで生足なんでかじりたくなるんだろうか?
凶暴化のはじまりだったりして(笑)
Commented by at 2008-08-22 00:26 x
うちの実家の周りも、かなりの数の野良猫がいました。実家でも猫を飼っていましたが、今のような室内飼いではなく、外にも出していましたので、野良猫との付き合いは結構ありました。野良猫だったけど、途中からうちの子みたいになった子もいたし。。いろんな性格の野良猫ちゃんがいたな~と思い出しました。
Commented by hana at 2008-08-22 12:04 x
>ライト君保護者さん
うーん。そですね。
だから今でも野良猫はちょっと怖いですよ~。
でも 野良猫って呼んでも来ないくらいの勢いだから、あれ以来襲われたことはないですね。

ノアもやります!
生足に噛み付きます!!
しかも背後からを狙うんです・・・(つд⊂)エーン
Commented by hana at 2008-08-22 12:06 x
>熊さん
昔は野良猫っていっぱいいましたよね。
そして飼い猫も外にだしていたから、他所の家の猫とも触れ合い放題でした~♪
今はぜんっぜん会えません。
でもまぁ、家の中にいてくれた方が
飼い主としても安心に思えます。今は。
Commented by kzk_n at 2008-08-22 12:50
うちの近所に、野良猫のたまり場になってる家がある。
その前をあるくと、全員ガンつけてくるから怖いですw
Commented by panya_poppo at 2008-08-23 11:35
>kzk_nさん
そんな家がまだあるんだ~~!
ネコはガンとばしてるわけじゃないんですよ!
興味津々でみてるんだけど、目つきが悪いだけですって♪♪

ノア(アビシニアン♂)+アリス(ノルウェージャン♀)のブログだったけど、最近は育児記録になってます
by panya_poppo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

痩せていくノア
at 2017-09-14 00:38
【6歳】最初の一本抜けました
at 2017-09-13 23:54
秋の果物狩り
at 2017-09-10 23:54
モエレ花火
at 2017-09-09 01:18
滝野すずらん公園
at 2017-09-03 00:37

検索

ファン

ブログジャンル