「ほっ」と。キャンペーン

ノア +Plus

<   2015年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧




【4歳】骨折③

そして、24時間 密着育児&介護生活がスタートした。
骨折したのは左腕なので利き手は無事だけども、
それでも上手にご飯が食べられないし(器を抑えられないから)
トイレにも行けないし(ズボンを下ろせない)
遊ぶのも手伝いが必要だし(ブロックとかはずせない)
お風呂が超めんどくさいし(ギプスを濡らさないようにする)
何より、こんだけ痛い目にあったというのに
重くて不自由な左手を抱えながら、
ソファの上で立ち上がってふらふらしてたり
だらりとソファや壁に寄りかかって滑って転んだり
バンボの上に立ち上がろうとしたり
床に転がしたおもちゃを踏みつけて遊んでいたり
さすがに窓の枠にはもう登ろうとしないけども
危ないからやめてくれーーー!ということを頻繁にするので気が抜けない。

なので今週は、あたしの親に毎日夕方から来てもらっている。
親がいる間に、買い物や家事をばーっと済まして
夕食→風呂までいてもらってる。
でもせっかく来てもらっているのになかなかうまくいかない。
まず一番のネックはハルカさん。
人見知り、後追いが激しすぎて、
ほんのわずかでもあたしから離したもんなら
「ぎゃーーーーー!!!!」となる。
姿が見えなくなってもギャーーッ
親に抱っこしてもらっていてもギャーーッ
そして痛くて気弱になっているソウタも何かと
「かーちゃんがいい」となってて、なんだかイマイチ楽にならない。
早くハルカが慣れてくれるといいなぁ。
てか、ダンナが早く帰ってくるようになればいいのにー。
「これを機に、仕事の仕方を見直したらっ」と口にしては見たものの
結局何も変わらず深夜残業中。
父ちゃん抱っこでも泣いちゃうときもあるけど、
一応ハルカも父ちゃんはわかっているみたいで、
じーちゃんばーちゃんに抱かれた時よりは大人しくしている時間は長い。
仕事も大事だけど、家庭も大事だ。
こんな大変な時期くらいはやくかえってこーーい!!
[PR]



by panya_poppo | 2015-05-29 01:23 | 育児ライフ | Comments(0)

【4歳】骨折②

徳洲会についたのは19時頃だった。
やはりここでものんびりした感じで「受付を・・・」と促されてイラッとする。
たしかにー、命に別状ない怪我なのでー、緊急ではありませんがー
痛がる子供を心配する親の気持ちを汲んで、
口調だけでもお急ぎですよね!と同調してほしい(笑)

再度ここで状況の説明とレントゲンの撮影。
そして20時。やっと骨折に対する処置が行われた。
ソウタの骨は折れて大きくずれてしまっていたので、それを皮膚の上から押したり引いたり?で
元の形にちかづけるというもの。
当然相当痛いので、処置は睡眠&麻酔を使用して行われるのですが、
親から引き離されて処置されるので、怖くて怖くてソウタは大泣き。
ずーーーーーっと、泣いてた。
睡眠とか麻酔とかちゃんと効いてる?ってくらい泣いてた。
怪我をした時よりも、このあとの手術の前後よりも、この時が一番泣いていたと思う。
ソウタを処置室に入るとき、あたしはハルカに授乳していたので
ダンナが付き添ってくれたんだけど、処置の前に外に追い出されたらしい。
「最後まで付き添ってちゃダメなのか!そばにいればあんなに泣かないのに!」と
憤っていたのだけど、言えば付き添わせてくれたんじゃないかなーと思った。
というのも、ちょうどそのとき中学生くらいの女子が怪我で処置されるところだったんだけど
半狂乱になって「怖いからヤダ!怖いからヤダ!触らないでほしいの!!」と叫んでいて
看護士さんたちがなだめた結果、母親がずっと付き添ってくれるなら処置してもOKということで
親子で入っていったのよねー。
原則は当人以外は外に出ろなんだろうけど、場合によってはOKされるのかも?
4歳なりたてなのに、一人で頑張ったソウタはえらいじゃないか!!
21時半頃に処置が終わったのでと呼ばれた時には、
ソウタはボーっとした感じでベッドに横になっていた。
この時点で骨はこう。
c0139765_121763.jpg

翌日は手術で金具を入れてこの骨をピタッとするらしい。
ギブスが外れるのが、3~4週間後。
金具を取り出す手術をするのが、6~8週間後という見立てでした。

4歳児なので大部屋であっても付き添い宿泊OKとのことだったけど
きっと今日は痛みで何度もなくだろうと思い個室を希望した。
あたしは個室であれば、あたしもダンナも宿泊できるのかとおもっていたけど
原則付き添いは一人だけらしい。
ハルカすらもだめらしい。
でもまぁ乳児過ぎるので、見逃してもらったんだけども
結局は夜中にダンナに連れて帰ってもらった。
痛くてソウタが泣きわめく→ハルカも起きて泣きわめく と二人同時に起きてしまうので
ソウタもハルカも抱っこしてやらなきゃならないし。。となってしまうので無理でした。
なので、予想通りソウタは1時間ごとに「痛いー」と泣いて起きたわけですけど
家ではハルカも1時間ごとに「かーちゃんいないー!」と泣いて起きていたようです。

長い夜だった。
ソウタは点滴をしているので、すぐトイレに行きたくなる。
でも痛い。動くのが怖い。歩くのも怖い。2cmずつくらいしか進めない。
帝王切開を経験しててよかったわ。
わかる。その痛み!と思い、根気よく根気よく一晩付き合えたと思う。
やっと朝になり、あたしはダンナと交代してシャワーのために帰宅。
ソウタは11時頃から手術になり、13時ころに戻ってきた。
ずーっと「お腹すいた。なんか飲みたい。」と言っていた。
それもわかるーー!!
なので看護婦さんにしつこく「早く食べさせてあげたいー」とアピールしておいてあげた(笑)
本当にお腹がすいていたんだろう。
術後の御飯をパクパク食べていた。
痛みって体力を消耗するしね。

そしてまた夜が来た。
もう1泊する必要があるのだけど、
ソウタとあたし、ハルカとダンナの組み合わせだと全員が疲れてしまう。
ソウタとダンナ、ハルカとあたしがベストなんだけども…。
「かーちゃんがいい」と、いつものヤツが始まった。
困っていると、看護婦さんが「寝付くまでいてもいいですよー」と言ってくれたので
簡易ベッドにハルカを寝かせ、あたしはソウタの足元に転がり
ソウタが眠りに落ちるまでそこにいた。
ハルカが泣いたタイミングで病室をでて、家に帰ってきたのは1時。
ハルカと二人、いつものベッドに転がってだいぶホッとした。

朝、再び病室を訪れた時にはだいぶソウタは元気そうだった。
ココの病院のプレイルームがすごくて。
玩具の充実っぷりが素晴らしい。
c0139765_1214277.jpg


片手しか使えなくて不自由そうではあったけど、
11時頃に清算が終わったというのに
「まだ遊んでいく・・・」と名残惜しそうでした。
c0139765_122039.jpg

清算は乳幼児医療費助成のおかげで個室代とパジャマ代?だけ。
こんだけ大怪我して手術したのに、支払いが無いなんて!
ありがたいけど、なんだか違和感。
[PR]



by panya_poppo | 2015-05-29 01:19 | 育児ライフ | Comments(0)

【4歳】骨折①

いつもと変わらない夕方だった。
18時になったので、ソウタにテレビを見せて、ハルカをエルゴで抱っこしながら
慌ただしく夕食の支度を始めたその時、突然ソウタの泣き声が聞こえた。
慌てて見に行くと床に座り込んで「痛いぃぃいいい」と泣いている。
付近には散らばったレゴ。
窓枠から落ちた時にレゴでも踏みつけたかな?と思いつつ
「どれー!どこが痛いのさっ!」と
いつものように多少怒りながら確認すると、肘をおさえている。
立たせて腕を見て血の気が引いた。
本来ならまっすぐであるはずの腕が、不自然にぐにゃりと変形していた。
ヤバい。これは絶対にヤバいやつだ!
「絶対に動くんじゃないよ!」
腕が痛いよー、動かないよー、と泣いてるソウタを一喝して
猛スピードで病院にいく準備をした。
 どうしようどうしよう。
 まずはダンナに電話だ。すぐ来れるだろうか?
 18時過ぎちゃってるけど病院はやってるのか?
 やってなかったらどうしたらいいんだ?
ダンナにダイヤルするも、こんな時に限ってスマホがもたもたしててコールがならない。
ほんの数秒なんだろうけど、無駄に過ぎる時間にイライラと焦りが募る。
早く出ろ!!と祈った甲斐あって、割とすぐにつながった。
「ソウタの腕が折れたか脱臼したか、とにかくヤバいの!すぐに帰ってきて!!」
相当テンパっていたと思うけど、たぶんそんなことを伝えた。

火を消して、保険証とカギとスマホをジーンズのポケットに突っ込み
ソウタとハルカを抱きかかえて家を出た。
病院までは徒歩2分ほど。走れば1分。
だけど走ると振動が痛いらしいので、できるだけ静かに速足で病院に向かう。
近所のメディカルセンターは、いろんな病院が集まっている。
小児科は18時で閉まってる。
行ったことないけど、たぶんその中に整形もあるだろう。
整形は空いてるのか?
もししまってたとしても、まだ18時を少し過ぎたところだから誰かいるだろう。
病院が全滅でも調剤薬局はまだやってそうだ。
いざとなったらそこで助けてもらおう。
家にいたときは怖くて仕方なかったけど、外に出ると少し落ち着いた。
まだ18時を少し過ぎたところだったので、
いざとなれば、保育園にも調剤薬局にも、顔見知った人たちがいるだろうと思ったら
実際にお世話になることはなかったけど、なんだか少し心強かった。
近所づきあいは大事だな、子供が小さいうちは特に。
お願い!!病院やっててーー!!と強く願いながら奥へ進むと
19時までの文字が見えた。
よし、やってる!!
ドアを開けてすぐに叫ぶ
「すみません!!子供の腕が大変なんです。助けてください!」
もちろん、病院のドアを開けてすぐ叫ぶなんて人生初です。
すぐにスタッフの人が対応してくれた。
だけどなんだろう、あたしを落ち着かせるためなのかすごくのんびり対応に感じる。
「ではまず、受付をお願いします。」
なんだよーーー!!と思いつつ、高速で問診票を記入。
「では、状況を聞かせてもらいますー」と別室へ連れて行かれる。
そんなことより診察はーーー??と思いましたが、
たぶん先生が別の患者さんをみてたから、その間をつなぐ意味でも問診だったのかも。
こうなった状況を説明する。
てか、実際の治療に至るまでに何度も状況を説明した。
この病院で1回。
この後行くことになる大きな病院で2回。
そして最終的には問診シート的なものに、けがした時の状況を細かく記入した。
違和感のある質問もあった。
「今日、お子さんを連れてきた人はお母さんですか?」
はーーー?と思ったけど、まぁ確かに。親せきかもしれないですよね。
なんだろう?
怪我とかだと虐待とかのチェックもされてるんだろうか。

まあそうやって説明してるうちにレントゲンの準備ができたらしく
ソウタはレントゲン室へ。
あたしとハルカは外で待っていたけど
あたしから離れた不安と腕の痛さで泣きじゃくっている。
レントゲン後、少し待たされた。
その間に旦那が到着した。
ほどなくして先生から写真を見せてもらいつつ説明があった。
c0139765_1192188.jpg

「骨折です。うちでは対応できないので、大きな病院を紹介します。」
ソウタの腕を動かないように固定してくれた。
この時点で18時半。
この後、ダンナの車で大谷地の徳洲会へ行く。

あたしがキッチンに移動してからの数分に何が起きたのか。
うちの窓にはサンキャッチャーがぶら下がっている。
ソウタは窓枠によじ登り、たびたびこれに触れ、家の中にキラキラと虹が光るのを楽しんでいた。
やめなさいよ、と常々言ってはいたけど、いうことなんて聞くはずもなく。
ほとんど日課のように夕方になるとキラキラさせていた。
この日もそれをしようとしたらしい。
しかしなぜかこの日は靴下をはきっぱなしだった。
窓枠に上った時点でそれが気になったらしい(滑るから)
そうしてそこで靴下を脱ごうと、靴下に指をひっかけて片足立ちになり
バランスを崩して落下。
おそらく片手が靴下に引っかかった状態だったので
不自然な体勢で落下してしまったんだろうなという想像。

帰宅して、靴下履いたままなの気になってたのに。言えばよかった。
サンキャッチャー付けるんじゃなかった。
いや違うな。
危険な行為に対して、日頃からもっと真剣に止めるべきだった。
いつか痛い目に合うんじゃないかと思っていたことは他にもある。
窓枠よじ登りもそうだし
棒をくわえたまま遊んだり、ひどいときにはジャングルジムに登ったり。
ソファから飛び降りるのも、ソウタにもネコにもハルカにも危ないからやめてほしい。
危ないと思うことをしたときは、その都度強く言ってるつもりだった。
でもソウタはやめない。言っても響いてない。
その場はやめても、またすぐに同じことを繰り返す。
あたしもそんな状態に慣れてしまっていた。
やる→いう→その場はやめる→またやる
そんな流れになってしまっていたら、"またやる"の時点で事件が起こるってことに
もっと本気で危機感を感じておくべきだった。

いろんな後悔を感じながらも、
今回の怪我では不幸中の幸いだと思うこともたくさんあった。
 かろうじて病院があいている時間でよかった。
 旦那が出張中とかじゃなくてよかった。
 怪我をしたのが穏やかな天気の日でよかった。(←何の支度もなくすぐに家を出られた)
 ハルカをエルゴで抱っこしてるときでよかった(←そのまますぐソウタを抱っこできた)
 完母でよかった(←何も考えずハルカを連れまわすことができた)
 育休中でよかった(←1か月くらい保育園いけないから)
 左腕の骨折程度で済んでよかった。(←ジャングルジムから落下で、のどに棒が刺さるとか最悪だ)
でも今一番強く感じているのは恐怖だ。
起きてしまったことに対して、意外と後悔も怒りも感じていない。
ただ、ふとした瞬間にあの時のあの場の空気感を思い出して怖くなる。
ぐにゃりと曲がった腕の衝撃が焼き付いて離れない。
そして、もう二度とこんな思いをしたくないぞ!と思うから
日常生活で気を張りすぎてて疲れてしまってるのも感じる。
お願いだから、もう大きな怪我をすることなく大人になってね!(たぶん無理)
[PR]



by panya_poppo | 2015-05-29 01:17 | 育児ライフ | Comments(0)

【生後5ヶ月】BCG

BCGを打ちに行ってきた。

注射打つから半袖でいこー!と
少し肌寒かったのに、半袖着せて行ったというのに
「肌着も脱がせて、肩出してお待ちくださーい」と言われ、
結局服を脱がせなくてはならないという・・・。
目論みが外れたわ。
「せっかく半袖着てきたのにねー」とブツブツ言いながら着替えていたら
横にいた人が「うちもですー!」と言っていた(笑)

でもまぁこれで、0歳のうちに打たなきゃならないワクチンはすべて終了ー!
c0139765_1153091.jpg

はるかおつかれさーん!
c0139765_1162591.jpg


最近、ハルカの女子力が上がってきたの!
色白になってきたし~
かわいくなってきたと思うんだよねーと、言いまわっていたのだけど
↑で話しかけてきてくれた方の赤ちゃんが、
青い服を着てるというのに、絶対女の子でしょー!!という
色白さとかわいらしさで驚いたので、
やっぱり、親ばかフィルターがかかってるだけかもしれない(笑)
c0139765_1165158.jpg

[PR]



by panya_poppo | 2015-05-26 01:13 | 育児ライフ | Comments(0)

【4歳】初めての自転車

4歳の誕生日プレゼントに、ダンナの両親から自転車をいただいた。
c0139765_1122855.jpg


もっと男の子っぽいデザインのかっちょいいやつにしたら?と勧めたのだけど
ソウタは頑なに、このグリーンを選択。
まぁおかげでハルカにもお下がり回せるからありがたいんだけどね。
でもこんなかわいい自転車に乗った男の子、
ここらじゃあまり見かけないなぁ・・・(汗)
c0139765_1124685.jpg

まだ上手にブレーキが使えなくて
何かと急ブレーキになっちゃうけど、
毎日近所のスーパーまでお買いものがてら練習してます。
でもそういえば、自転車のルール改正あったんだよなー。
子供の自転車ってどうなるんだろ。
調べてみなければ。
てか、だんだん自転車が乗りづらい世の中になってるなぁ。
エコな乗り物だってのに。

あたし的にはあれが"軽車両"には見えない。
どうみても車と接触したら一方的に負けるでしょーー!
あんなのが車道走ってるだなんて怖すぎる。
でも歩道をスピード出してびゅんびゅんはしられるのも迷惑。
歩行者がいるときは徐行運転を心がける、
常にスピードは出しすぎないってのが当たり前のままだったら
こんな厳しいルールにはならなかったんじゃないのかなー。
[PR]



by panya_poppo | 2015-05-24 01:11 | 育児ライフ | Comments(0)

【4歳】保育園の個人懇談

保育園の個人懇談に行ってきた。
記憶が新鮮なうちにメモを残しておく。

■おしっこのこと
家で何か気になることはありますか?と聞かれたので
進級した時オネショが増えましたーと報告すると、
それは保育園でも感じてたとのこと。
ソウタは緊張するとトイレに行く回数が激増するらしい。
なんなら10分毎に行っちゃうくらいに。
そしてそれなりに出るらしい。
そうか、だからあの頃、寝る前にトイレ、
さらに夜中に「おしっこ・・・」と起きてトイレに行くにもかかわらず
オネショしてたんですね。

■集団行動について
相変わらずダメらしい。
みんなが座っていても、一人ふらふらしてて座れない。
その際
「みんなが座っているよー?」と声をかけてもわからないらしくて
「座って」と指示されて座るという感じ。
ご飯の時間もみんなが黙々と食べ始めてるというのに
「今日、ソウタのおにぎりわかめごはんだー!!
 かーちゃんわかめごはんにしてくれたんだー!
 やったーやったーわかめごはん」
ってのをエンドレスでしゃべり続けて、みんなの食事を邪魔してて
先生の制止が入ってやっと止まったらしい。
保育園に送りに行ったときは
「みんなのところに混ざりなさい」と言っても
あたしから離れず、
「バイバイ!カーちゃんバイバイ!ターッチ!!」としつこいソウタ。
あたし的には、"ほんと男の子ってのはしつこくてウザイわー"くらいにしか思ってなかったんだけど
実はそんなことしてるのはソウタだけらしい。
帰りも、クラス全員とハイタッチし終えるまで
「バイバイ!ターッチ」とやってて、"男の子ってのは…"(以下同文)
先生曰く、気持ちがハイテンションになってしまうと
ソウタ自身にも止められない状態になってしまうように見えるとのこと。

そんなソウタなもんだからみんなとの遊びも上手にできない。
邪魔されたら、ものを投げつけたりするらしく
先生がそれをたしなめると
もう怒って怒って手が付けられなくなったりするらしい。
その割に、数分すると
あんなに怒って泣いてギャーギャー言ってたのを忘れたの?ってくらいに
何事もなかったように先生に話しかけてくるらしい。
そのケロッとしてるのは家でもある。
あたしは居心地の悪さを感じながらも、そんなもんか?と受け入れていた。

ケロッとするついでに、
何に怒られたのかも忘れてしまうらしく身につかない。
褒める作戦にすると、褒められるのは嬉しいらしくやる気を出すんだけど
やっぱり褒められたことも忘れてしまい身につかない。
集団に合わせようとがんばってるなーって感じるときもあるんだけど
元々持ってる力が弱いために、結局はできないということが多い。
気付けばいつでも「そうちゃん!そうちゃん!」とたしなめてばかりになってしまうらしい。

一日中怒られてばかりでいいとこないとかわいそうだから
先にソウタを座らせてから
「さー、お絵かきしましょうかー」(←みんなはこの声掛けで席に着ける)という感じで、
ソウタが怒られないように配慮してくれてるとのことで…申し訳ないわぁ。
この先、集団行動ができないともっと苦労するとも言われた。(←これ前回も言われてるな)

先生が言う。
「物はよく見てるみたいなんです。
 今日も"先生カレンダーの日違うよ"(←変え忘れてた)って教えてくれました。」
「記憶はしっかりしてるんですよね。会話も。」
あたしも言う。
「こんな難しそうな道理を理解できるのに、
 なぜこんな簡単な"今座る時間"ってのが理解できないのか不思議に思うんです。」

この先生とは長い付き合いで、何度か懇談もしてるんだけど
いつもは、いくつかの話題とエピソードを笑い話な感じで報告して貰う感じだったのだけど
今回はずーっとこの、集団行動できない というネタだった。
そして大体最後は「じゃあそんな感じで今後ともよろしくお願いしますー」的な感じで終わるのに
今回はイマイチ歯切れの悪い、なにか言い残したことがあるような
あたし的になんとなく居心地の悪い空気のまま終わった。

「集団行動苦手で、怒られてばかりじゃ不憫だから、
 育休の間は家で見てあげてください」と言いたかったのかなぁ。

てかそれはちょっと思った。
あたしはソウタは保育園で、それなりに楽しく過ごしてると思っていたから。
大好きな先生が担任だし、
仲良しの友達もいて一緒に遊んでるし
散歩に行ったり、虫をいじったり、
我慢することもあるだろうけど、楽しんでいるんだろうなーと。
でもそんなに怒られてばかりいるなら不憫だ。
家にいても、かーちゃんに怒られたりするけど、
かーちゃんに怒られるのと、集団の中にいて一人だけ怒られるんじゃ惨めさが違う。
でも、育休が明けたらまた保育園なわけだし、
そのうち小学校が始まるわけだし、いつまでも苦手苦手というわけにもいかないなぁ。

もうひとつは発達障害。
「検査してみたほうがいいですか?」とは聞けなかった。
先生も、「ちょっと相談しに行ってみてください」とは言わなかった。
↑こういうことをいうと怒る親もいるので、
園からは言わないようにしてるところもあるらしいから、聞けばよかったかな。

ソウタを育ててると
なんか変な地雷があったり、儀式的行動があれこれあったりして
怪しいのかなぁ?と思った日もあったけども、
たとえ障害でもあたし的には
「この時期の男の子ってみんな大体こんな感じで、
 ワーワー意味不明に煩いし、我儘だし、空気なんてぜんっぜん読めませんよ!」
って流していいレベルだろうなーと、
成長していくうちに徐々に目立たなくなっていくもんなんだろうなー
だからほっとこうと思ってたんだけど、
なんか今回の懇談で、若干不安になりました。

いや、それでもまだ
成長と共にどうにかなる!全く問題なし!って思ってんだけども、
もし、集団の中での気付きを促すような関わり方があって、
あたしがそれを日常やって訓練することで、
ソウタが集団生活をストレスなく送れるようになるんだったら、やってあげたいと思った。

とはいえ何をしてあげればいいのかさっぱりわからない。

まずは担任に相談だろうかー。
↑「何かあればいつでも相談してください!」と、
大量に連絡票を渡されたのがまた怖い(笑)
[PR]



by panya_poppo | 2015-05-23 00:29 | 育児ライフ | Comments(0)

【4歳】誕生日おめでとう!

誕生日おめでとう!!

進級=4歳だと思ってて、あちこちで「ソウタ4歳!」と吹聴する
ソウタの思い込み(ビュッフェの時困る←料金)を打開するために
カレンダーを作って、「この日になったら4歳」としつこく言い聞かせた。
その甲斐あって、ちゃんと誕生日当日に4歳になったことを理解したようです。

そんなソウタの成長記録

■30分チャレンジ
集中してご飯を食べる。
これって子供にはすごーく難しいことなんだろうなぁ。
いただきマースと席について、とりあえず一口食べる。
でもその後は、椅子から降りて遊んだり、玩具をいじってたり、テレビに集中してたり
おしゃべりに夢中になってたり、全然次の一口に進まない!
時間内にご飯を食べるってのは集団行動の基本です!
というあたしは、それが出来なかったんですが。
幼稚園時代はみんなが遊んでる中、弁当が終わらず一人ぽつんと食べてたしー
小学校の低学年時代は給食ちょっとしか食べれなかったしー
それを2年生の時の先生にこっぴどく叱られたしー
それでも食べきることはできず、
給食に優先順位をつけて、今日はこれを残す!と残すものを決めてから食べてたしー
周りの子はちゃんと食べれてたのにねぇ。おかわりだってしちゃってたのにねぇ。

ソウタはそうならないために、今からちゃんと練習しておきましょう。
てことで、30分チャレンジをしている。
30分間でご飯を食べきることが出来たら、シール1枚。
10枚溜まったら好きな食玩や知育菓子を1個購入。

最初は、30分で食べられない日だらけだった。
途中何度も「ほら早く食べないと間に合わないよ!」とせかす毎日。
最後にかきこむように口に入れて何とかセーフ!!という日も少なくない。
現在、55枚のシールが張られてる。
相変わらず「ほら食べないと!」という声をかけない日はないけども
だんだんかける回数は減ってるし、
時計を見ながら食べる速度を調整して、
ゆとりあるフィニッシュができる日も増えてきている。
あと何枚くらいシールを貼れば、ちゃんと食べられるようになるのかな(笑)

■トイレ
4月になって毎日続いてたオネショ。
5月になってからは、またオムツを濡らさない日が続いてる。
でもまだ残ってるんだよね。オムツ。
オネショされるとめんどくさいしね。
本人が嫌がるまではオムツでいんじゃないだろうか。
夏は暑いかな??
ちょっと前まで「おしっこ!」と、報告しながらトイレに向かってたけど
最近は勝手に行って、勝手に戻ってくるようになった。
が、うんちのあとに拭くのだけは親召喚。

■着替え
いつの間にかほとんどの着替えは自分でできるようになった。
シャツの前後も間違えないし、
ボタンやファスナー類もスムーズではないけど自分でできてる。
お風呂の後に「早く服きなさーい」ってのも、最近言ってないわ~。

■箸
まだ、補助付きの箸。
たまに普通の箸を持ってきて使ってるけど、
はさむのではなくて箸を使ってかきこむってかんじ。

■身体
春になって外遊びが増えたからなのか、背中がシャキッとした気がする。
肩甲骨から腰にかけてのラインがスッキリして幼児じゃなくなってきた。
保育園の先生も、なんか急に身体がしっかりした気がすると言ってた。
春先には100を着せてたはずなのに、
今それらを着せると、若干きつそうだったり短かったり。
完全に110に移行したっぽいなぁ。
次の長そでシーズンには100は着られそうにないな・・・。

■儀式
ソウタは昔から、予定を乱されるのが嫌いだ。
だいぶ小さなころから「今日は、○○して、そのあと××して・・・」と予定を伝えてたと思う。
そうした方がスムーズに過ごせるから。
今もそう。
ソウタ的にイロイロこなさねばならないこだわりの任務があって
それが出来なかったりすると泣いたり怒ったり。
例えば朝だと
カーテンを開ける。
父ちゃんが会社に行く前の抱っこと、窓からのバイバイ。
#最近それにゴミ捨てが追加されつつある気がする
寝るためには、電気を消す。歯磨き後のおやつを食べる。
そのあとyoutubeみて、なぞなぞして、洗濯機回して、トイレにいって、寝る。
めんどくさいな~とも思うけど、その流れにのせてしまえば
揉めることなく過ごせるので、結果的には楽だと思う。

■嘘

YouTube(寝る前に3個)とか、
寝る前のキシリトールタブレット的なもの(1個)とか、
数が決まってるものに関してはそうたに任せているんだけど、最近その個数をごまかすようになってきた。
この前の夜なんてタブレットを5個も握りしめていたし、怒られた翌日も2個取ってきていた。
YouTubeも見てる途中で消して、今のは最後まで見てないからノーカウントだと言い張ったり。
悪知恵ばかり成長されても困るわ~

さて。もいっこ気になるのは集団行動について!
これはまた次の日記で。
[PR]



by panya_poppo | 2015-05-20 11:15 | 育児ライフ | Comments(0)

【生後5ヶ月】成長記録

ついに5か月になった。
5か月と言えば、寝返りーとか、離乳食開始~とか、
成長のイベントの多そうなイメージがあるけど
ハルカを見てると、そういうイベントの気配は感じない。

ソウタの時のブログと見比べても、なんとなく成長が1歩遅れな感じがするのは
やっぱり41週で産まれたソウタと、38週で産まれたハルカでは
スタート時点で3週間の差があるからかもなぁと思う。

そんなわけで最近のハルカ

■つかむ力がup
そして手に触れるものはなんでも引っ張ってみたいらしい。
横にうっかりティッシュの箱があったもんなら、シュッシュッと引っ張り出してしまうし、
メリーにぶら下がってるぬいぐるみを引っ張ってメリーごと倒してしまうし、
通りがかったアリスの尻尾の毛を握りしめて引き抜いた!
↑当然アリスは痛くてもがきました。
しばらくは、ハルカの手の動きに注意だわ。
ひげとか掴まれたら猫はたまったもんじゃないだろうし。

■人見知りと後追い
いや、動けないから追えないけど、
あたしの姿がちょっとでも見えなくなると泣き出すようになってしまった。

■ガラガラが大好き
カランコロンときれいな鈴の音がなるガラガラが大好きー!
下手にあやすよりもこれを鳴らす方が確実。
あと歌も好き。エルゴで寝ぐずりしてるときに歌うと、落ち着いてくれたりする。
c0139765_12134999.jpg


■よだれが増えた
スタイはあっというまにべしゃべしゃになる。
今はカーターズのスタイを着用。
カーターズのスタイは裏面が防水加工になっててよだれがしみないのがすごくいいんだけど
生地がパリッと固くて、ハルカの手の動きの邪魔になってそう。
あとよく取られるし。
やっぱしバンダナスタイかなぁ。でも女子には可愛くないかなぁ・・・。

■服が増えた
犯人はあたし(笑)
何を着せてもイマイチ似合わず、長いこと購買意欲がそがれてましたが
ここんとこちょっと色白になってきたんじゃないだろうか
表情が増えてきて女子力が上がってきたんじゃないだろうか
そんなわけであたしの購買意欲に火がついて、一気に服を購入。
赤ちゃん時代しか着れないんだから~という声も聞くけど、
ロンパースタイプ=部屋着という気がして、イマイチおでかけ服とは思えない。
今までセパレートな服は2セット(いただきものです)しかなかったんだけど、
ここ数日で4セットほど増やしました。
でもいずれもアホみたいにプチプラなので、家計には影響ないはずなのでご安心を!>ダンナ
c0139765_12141625.jpg

c0139765_12143069.jpg

体重は7.2~3キロくらいで、サイズは70(80でも違和感なく着れるものもある)

■寝返り気配はなし
なんせあたしに抱っこされて一日過ごしているハルカなので、
床に転がってじたばたする機会すら少ない。
寝返りの気配もないし、うつ伏せにすると不機嫌そう(笑)
c0139765_12145235.jpg

c0139765_1215712.jpg

■生活サイクル
まだ、午前の昼寝が~というようなレベルじゃない。
少しずつ起きてる時間は長くなってるように思うけど、
まだあたし的には、寝てる間に何となく起きてる時間がある、みたいな感覚。
それでも、一応一日のサイクルが出来上がってきてて
夜の寝かしつけ時間もだいぶ平和になった(ハルカが寝てくれるからソウタがごねない)
授乳時間もだいぶ短くなって、40分くらいかかってたのが、
20分もかからずに終わることも多い。

ハルカの1日(曖昧)
7:30 起床
    バンボから兄ちゃんを観察
9:00 授乳
    エルゴで昼寝★
11:30 授乳
    かーちゃんの膝の上
12:30 エルゴで昼寝★
15:00 授乳
    兄ちゃんのお迎え、その後かーちゃんの膝の上で兄ちゃん観察
17:00 授乳
    エルゴで昼寝★
18:30 かーちゃんに抱っこされて家事付き合い
20:00 風呂
20:30 授乳
21:00 就寝★
    夜中は1~2時、4~5時くらいに2回、もしくは1回起きる程度。
    、1時、3時、6時な感じで起きるのは稀。

■便秘
バンボに座らせていると3日に1回くらいの割合ででる。
寝てるときやエルゴではしない。


思い出した時にまた追記しよう。
[PR]



by panya_poppo | 2015-05-18 12:10 | 育児ライフ | Comments(0)

【生後4か月】何かの階段

今週に入ってからハルカが煩い。

抱っこしていても、
身をよじり、あたしを掴み、「きゃぁああっっ!きゃぁああっっ!」と声をあげ
置いたもんなら「ぎゃああああああ!!!」と泣き叫ぶ。
大好きだったエルゴさえも身をよじって出せとばかりに暴れ出す。

随分と力が強くなった。
腕とかを不意に掴まれると「いてて!!」と声を上げるほど強くなった。
身をよじるのもグイッグイッとかなり力強い。
いろんな声が出せるようになったんだなぁとも思う。
何かの階段を1段登ったのかもしれない。
なにかしらの成長があったんだろう。いいことだ。
いいことなんだろうけどほんとうるさーい!

泣き声ってのは聞いてるだけで消耗する。
泣かせないためにと、暴れる娘を抱きかかえ続けてるので
久々に背中がパンパンだ。

ソウタが帰宅してからは、
ご飯の支度だ、片付けだ、風呂だなんだと、時間に追われて
やらねばならないことがあるので、その間は泣かせておいたりするんだけども
ハルカの泣き声にソウタもいい加減、嫌になってきた模様。
昨日はついに両耳抑えて「あーーーっ!!!!」って叫んでたし
寝言で「ハルカやめて!見えない!ハルカのせいで見えないんだよ!!」とわめいてた。
夢の中でまで邪魔されてるのか~、かわいそうに(笑)

いつもは「ハルカ可愛いよー」というソウタも、
昨日は保育園で「ハルカちゃんかわいいね~」と言われて、
「ちょっとだけね」と言ってた(笑)
減ってる!
c0139765_1247425.jpg

これからハルカが動くようになったら
もっともっと邪魔されることが増えるんだろうなぁ。
c0139765_12475854.jpg

ハルカもそろそろ機嫌を直さないと、
そうたに「かわいくなーい!」って言われちゃうよ(笑)
c0139765_1248789.jpg

[PR]



by panya_poppo | 2015-05-14 12:48 | 育児ライフ | Comments(0)

【3歳】たぬき

完全にドラえもんの影響だと思うんだけど、
ソウタのセリフには頻繁に「タヌキ」が登場する
「おい!たぬき!」
「かーちゃんのことタヌキっていっちゃうぞ!」
「べーろべーろばー!たぬき~」
「#$%&&タヌキ”#?$%&!」(呪文?)

などなど。
他にも
「タヌキニンジャーって知ってる?」と、何かの単語と組み合わせたりと
バリエーション豊かに登場。どうやら彼にとって「タヌキ」ってのは、
最大級のおちゃらけてふざけた言葉らしくて、気に入ってるらしい。

「おいばばぁ!」と呼ばれるよりは全然いいけど
なにせしつこいのでほんとめんどくさい。
いつまで続くんだろうなぁ、タヌキブーム・・・。
[PR]



by panya_poppo | 2015-05-14 12:08 | 育児ライフ | Comments(0)

ノア(アビシニアン♂)+アリス(ノルウェージャン♀)+三十路妊婦の札幌生活
by panya_poppo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

リクエストはかまくら
at 2017-02-19 03:15
バレンタイン
at 2017-02-14 02:51
大通デート
at 2017-02-12 02:26
【2歳】可愛いものに目覚めだした
at 2017-02-10 01:44
【5歳】ゲームの結果
at 2017-02-10 01:38

検索

ファン

ブログジャンル