ノア +Plus

カテゴリ:ネコ( 388 )




その後の毎日

ノアが死んで、その後のアタシたち。

ノアがいない事実を一番受け止めているのはアリスです。
ショック?いやいやすっごい嬉しそう。
今までノアがやっていたことを真似するかのように
あたしの後を追いかけ
お風呂の出待ちをし
ウニャウニャと何かを話しかけてくる。
ご飯支度を邪魔するのはノアの役目だったけど、
今はアリスが付きまとう。

暫くして少し行動は落ち着いてきたけど、
居なくなってすぐはほんっと全身からウキウキ感がにじみ出てる状態だった。
ネコにも年功序列とか力関係があったのかな。
うぜぇ先輩が消えたぜいえーい!!と言った感じ。
まぁ今までずーっと我慢してたのかなーと思うと不憫な猫だなー。

ハルカはハルカなりにもう会えないということは理解してるようで
いろいろな人に「ノアが死んだよ」と吹聴している。
悲しんでる様子はない。

ソウタは数日は夜になるとメソメソしていたけど
次第に涙を見せることは無くなった。
どこまで本気でどこまで演技かわからない年頃ではあるけど
サンタさんにノアの命をくださいとお願いしてみたり
家の中のどこかにノアがいるんだと言ってみたり
久々にうちに来たカラスを「実はノアだったりして」と言ったり
またうちに来ることがあるかもしれないねと言ったりする。

あたしだって期待してた。
あんなにあたしを追いかけまわしてた猫だもん。
怪奇現象の一つや二つくらい起こしてくれるんじゃないかと
夜中のリビングに期待を込めてみたけど
物音も気配も何一つ感じやしない(笑)
生きている間はあたしの背中にあんなに憑りついてたのに
死んだら逆に憑りついてこないってどういうことーー!!

やっぱり死んだら終わりだな。
細胞が活動を止めただけだな。
でもさ
もしかしたらいるのかも
もしかしたら生まれ変わったりするのかもって妄想は
残された人には大事だなーとソウタと話してて思う。
妄想でもしないと記憶が生々しい期間は
会えないことが寂しくて耐えきれないもんな。

「猫たち行ってきまーす!」
「ただいまねこたち~」
今も変わらず、いってきますとただいまにはネコが複数形(笑)
あえてあたしは突っ込まない。
いつまでこのままなのかなー。

[PR]



by panya_poppo | 2018-12-08 17:16 | ネコ | Comments(0)

ありがとうノア

いつからか覚えていないけど血便は収まっていた。
良かったと思った。
そしてここ数日、下痢も収まっていた。
これは良くないと思っていた。
身体の中の毒素が出せないなんて、良くない!!
だから具合も悪いんだ。
掃除が大変でもいいから、毒素は出してほしい。

昨日は帰宅すると、久々に部屋のあちこちに粗相をしてあった。
あまりの惨状に驚いて、
「ノア?!生きてる?!」と探すと、
ダイニングテーブルの下で菓子パンをかじっていた(笑)
「ノア、そんなのたべないでよ。」
「にゃーん(かすれ声)」
直ぐにウェットを出してあげると、ここ最近で一番の食いつき。
あーーーうんちでたから元気も出てきたのかな?
もしかしたら食欲も戻ってくるかも?
部屋の惨状を片付けながらホッとした。
ウンチ片付けてホッとするなんておかしいけど、
コレが生きてるバロメーターという感じだった。

タラは食べなかったけど、サバをほぐした奴は前足を伸ばして欲しがった。
そんな姿が久しぶりで嬉しかった。
あたしがしゃがむとスッと横にきて、力なくすりよってきた。
背中に登る元気はなさそうだったので
膝に乗せて優しく撫でた。

子供たちを寝かしつけた。
いつもはそのまま一緒に寝てしまうけど、昨日は耐えてリビングに降りてきた。
コーヒーをのみつつノアのそばでブログを書いていた。
あたしが寝かしつけに行ったタイミングと
洗濯物を干したりしに2階に行ったタイミングで、
珍しく床におしっこを漏らしていた。
こんな短期間に2回も?
溜まっていた毒素をだしまくってる?
色と臭いを確認すると、色は黄色だけど臭いは薄めな気がした。
あまり腎臓が働いていないのかもな。

珍しく夜更かしをして一緒に過ごし、「おやすみー」と声をかけて寝た。
そして朝を迎えたわけです。

ノアと静かに過ごした最後の時間は忘れられないな。
ネコの最期を看取るなんて初めてだったから、
凄く苦しんだらどうしてあげたらいいんだろうと不安だったけど、
ノアは静かに、ただただ静かに呼吸していて
表情を歪めることも、苦しそうな声を出すわけでもなかった。
冷たい床に二人で寝そべって、
キリっとしたノアの顔を見つめて、
時折泣いたりもしたけど、
心を落ち着けてノアとあたしのことだけを考えて過ごせた時間だった。

前日の夜を一緒に過ごせたこと。
ここ最近にしては仕事を休みやすい日だったこと。
水曜なので親サポートが受けられたこと。
今週は金曜が休みだから、
明日さえ頑張ればまた休日が来ること。
午前中に亡くなってくれたから、
あたしはゆっくり一人静かにノアと向き合って気持ちの整理をつけられたこと。
今日のうちに火葬まで終わらせてあげられたこと。

前日まであたしの足にすり寄っていた猫が、
今はもう小さな骨壺に入っていてもう二度と会えないだなんて
急すぎて不思議すぎて理解が追いつかないけど、
いろいろ考えてみるとベストなタイミングで逝ったんだろうなと思う。

うちの親も、ノアは頭の良い猫だから
きっとあたしのことを考えて逝く日を選んでそうだよねと
家で噂していたらしい。
ほんとね、ほんとそうだとおもったよ。
ありがとうノア。
ほんとありがとう。
あたしが札幌に来てから、人生で一番バタバタしてたであろう11年を
一緒に過ごしてくれてありがとう。
あたしのこと大好きだー!って毎日アピールしまくってくれてありがとう。
ネコってそんなことしちゃうの?って生活に笑いをありがとう。
ふわふわのあったかい毛の感触をありがとう。
愛し愛されの11年間だった。
幸せでした。
あたしも。
そしてきっとノアも。


[PR]



by panya_poppo | 2018-11-21 19:31 | ネコ | Comments(3)

2018年11月21日10時

ノアが息を引き取りました。

その時あたしはリビングの片づけをしていた。
大きな音をたてないように、でも存在を伝えられるようにと、
小さな物音を立てながら片付けていた。

その時ノアは、相変わらずしゃっくりみたいな呼吸を繰り返していた。
少し間隔をあけながら、くしゅ・・・ くしゅ・・・と聞こえていた。
片付けの合間に覗き見たりしつつ、その音を聞いて過ごしていた。

あ、音が聞こえない。
時計は10時。
次の音を待つけど聞こえない。
静かに逝こうとしている邪魔になるとかわいそうなので、
覗きに行くのを3分ほど待った。
やっぱり聞こえてこない。
そっと顔を見に行くと、さっきまで細かった瞳孔がひらいていた。
お腹をみると上下していない。
そっとさすって。
すこし力を入れて手を握ってみたけど、反応がない。
あぁ、旅立ったんだな。
お疲れ様。
苦しいかと思ってさっきまでは思う存分撫でられなかったので
ぐいぐいと頭を撫でて、ついでに開いたままの目を
閉じてあげようと思ったけど閉じなかった。
ノアのキレイな目は死んだ後もキレイだったから、
このままでいいかなと諦めた。

しばらくノアの傍で泣いて、
でもこのままいつまでも薄暗いバスマットの上にいるのが
可哀想なので立ち上がった。

浅い段ボールの箱をみつけてきて
ビニールとタオルを敷いた。
そこにノアをそっと寝かせた。
持ち上げるときぐにゃぐにゃで、支えていないと頭がカクンとしてしまう。
太ももは骨がガリガリで、壊れてしまいそうで
そーっとそーっと手を差し入れて持ち上げた。
ちょっと箱が小さくて窮屈そうだったけど、どうにか安置。
愛着があるタオルがあるわけでもなし
お気に入りのおもちゃがあるわけでもなし
この箱に一緒に何をいれてあげよう?
ノアが大好きなもの・・・・あたし?と思い、
さっきまで着ていたパジャマのTシャツを枕元に敷いてあげた。
これでスタンス的には、大好きなあたしの背中の上にいるのと一緒だな。
お気に入りの場所じゃん。

そうして薄暗い洗面所から、明るいリビングにつれてきた。
アリスは一度臭いをかいだだけで、やっぱり近づかない。
ノアのケア用品を片付けたり、汚れたところを拭いたりしながら
視界の端に横たわるノアがいるのが不思議な感じだった。
もう家事をしていても、あたしに付いて回らないんだな。
でも顔だけ見たら寝てるみたい。
相変わらず可愛いし。
雪がやんで陽が射した明るい部屋で、
こうやって二人でのんびり過ごすことなんて、しばらくなかったなぁと堪能した。
なんかもうこのまま家に置いておきたいな。とふと思ってしまう。
この姿をずっと見ていたいんだよ。

でもまぁそうはいかない。
身体はどんどん硬直していくし、
細胞はどんどん腐っていくんだろう。
キレイなうちに火葬してあげなくては。

あーでもなぁ、ソウタにおわかれさせてから火葬しようかな~。
でも死体の記憶が残ってしまうかなぁ。
あったかくてフワフワだったネコが、冷たく固い存在になるのはショックだろうし。
いやもうこのまま週末まで置いといちゃう?
いろいろダラダラしてたらあっという間に昼になった。

悩みつつも火葬場に電話をしたら、今日の場合13時半からしかあいてないとのこと。
早すぎる流れに、電話の向こうの人もやめておきます?という雰囲気。
でもさ、ノアのそばにいてみて思ったけど
「はいこれでもう充分です~」なんて思えそうにないんだよね。
生きていたノアとはもうお別れしてしまったわけだし。
なのでもう流れに任せることにした。
13時半からでいいです。
調べたら5時間目早退すればソウタも立ち会えそうだったから早退させた。
そういう流れなんだろうなーとおもった。

移動火葬車が自宅に来て、13時半から火葬が始まった。
ソウタも泣きながらノアを見送った。
火葬開始と同時くらいに急に雪が強くなって、
さっきまで明るかった家の中が暗くなった。
なんというか、火葬中にふさわしい天気だなぁ。
暗い室内であったかい飲み物を飲みながら待ってた。
途中親がきて、あれこれ会話しながら待った。

1時間程で骨になり、骨の説明を受けて骨壺に収めた。
ノアは足が長くて足の骨も長いから、
ネコ用の骨壺だと折らないと入りませんといわれたけど、
大きな骨壺にスカスカに入れるのは寒そうで可哀そうな感じがして
ぎゅっと骨壺に詰め込んだ。
白くてきれいな骨だった。
あばらの骨がものすごく小さくて驚いた。

不思議だ。
昨日の夜は一緒にいたのに、
今日はもういなくて骨壺に収まっているなんて。
そしてもうこれから一生会えないだなんて。

ソウタも不思議そうだ。
「家のどこにもいないのかな。」
「どこかに隠れているかもしれないよ。」
「これは夢じゃない?」
「もっと一緒にいたかったな。」
「ノアがキューコン(妖怪)で、1000年生きてくれたらいいのに。」
ほんとね。
もっともっと一緒に生きていきたかったなぁ。

ノアの火葬が終わる頃、また陽が射してきた。
明るさを取り戻した部屋に、小さくなったノアの骨壺。
ノアのいない生活が始まるんだな。

[PR]



by panya_poppo | 2018-11-21 18:54 | ネコ | Comments(0)

呼吸だけ

もう意識もほとんどない状態なんだと思う。
今朝、リビングに降りていくと、風呂場の前でノアが倒れていた。
死んでしまったのかと近寄ると、呼吸はしているけど、あたしが近づいたことへの反応はなかった。
そっと手に触れてみたら、若干手を折り曲げたけどそれ以上の反応はなかった。

カーテンを開けると外は真っ白で、
遅れに遅れた初雪がようやくやってきた。
この寒気にノアの身体は耐えきれなかったのかな。

何となく予感はしていたので、昨夜はバスマットを片付けずに置いた。
お風呂のそばが好きなノアは、昨夜はそこにうずくまっていた。
今朝みるとそこに手足を投げ出して寝そべっていた。

頭を撫でても、目を細めるわけでもなく、耳がぴくっと反応するわけでもない。
手にぬくもりは伝わってこなかった。
でも呼吸はしてる。
小さく、ゆっくりゆっくり。

この弱弱しい身体には、毛布ですら重いだろう。
暖房をつけてあげることで、今かろうじて保っているバランスが崩れるかもしれない。
身体を触られることすら苦しく負担になるかもしれない。
そう思うと、もうただただ横に座ってじっと呼吸を見つめることしかできなかった。

たまに呼吸がとまっているように見えるときがある。
逝ってしまったのかと覚悟を決めると、またふっと大きくお腹が膨らんで
小さな呼吸が始まる。
静かに命をつないでる。

さっきから、時折しゃっくりのような呼吸を繰り返してる。
でも苦しそうな様子はない。
というかもう意識が無いのだと思う。
あたしがそばで動く音を聞きながら、呼吸だけして横たわっている。

見守ろう。
最後まで。
仕事は休もう。
でも子供たちは学校と保育園に送り出した。
あたしとノアで静かに過ごしたかったから。
ノアはあたしが大好きだから、最後くらい独り占めさせてあげよう。
そばに居ても反応はないけど
どこか細胞レベルであたしの気配を感じ取れるかもしれないし。

もうだめなんだろうなと、頭ではわかっていても
悲しくて寂しくて、この状況を文字ではなく声に出すと、耐えきれないものがある。
それでも、意識もないのにキリッとした顔でじっと前を見つめているノアの姿をみると
苦しそうな顔をしていないから、気持ちが落ち着く。
キレイな目の色も
すっとした顔立ちも
細くてティッキングがキレイに入っているふわふわの毛も
表情豊かなしっぽも
あたしの背中に乗るときは、くるっと丸めていた器用な手も
相変わらず全部可愛くて、全部大好きだ。

ノアの姿を眺めてシャキッとしたり
悲しくなって泣けてきたりと、あたしはオタオタ過ごしているけど
アリスは無関心。
というか近づかない。
死の気配を感じるところには行かないんだろうか。
ソウタは心配しながらも小学校へ。
ハルカは「ノア死んじゃったねー」と、あまり気に留めていない様子だった。
まだ死んでないし!

この呼吸はいつまで続いてくれるんだろうと思いながら、
今日はこのままそばにいようとおもいます。

[PR]



by panya_poppo | 2018-11-21 09:42 | ネコ | Comments(0)

少しずつ

少しずつ、我が家を猫のためのバリアフリーにしている。
トイレは1階へ。
餌もキッチンカウンターから床へ。
高いところに登りたいノアのために、あちこちに踏み台や小さな椅子を配置。

ノアはここ数日調子が悪い。
カリカリはもちろんウェットも食べない。
蒸し焼きにしたささみも食べないし
脂たっぷりの豚バラも食べない。
大好きだったチュールも食べない。
タラも蒸し焼きにしたけど食べてくれなかった。
サバの竜田揚げはほぐしたら少しだけたべた。
そんな状態なのに、帰宅したら食べ残しの菓子パンをかじっていたり
ハルカのサラスパを盗み食いしたりしている。
何が食べたいんだい?
教えてくれたらなんだって買ってくるのになぁ。
c0139765_00115933.jpg
痩せたからだがさらにやせ細って、太ももの肉もえぐれてしまった。
痩せるたび何度も「これで終わりじゃないか」と覚悟を決めるのに、
まだ生きていけるのかと、持ち直すたび驚く。
でもさすがに今回は目の輝きもなくなり、歩くときもふらふらしてるし、
少しの段差も登ることが出来ず、ずっと薄暗い寒いところにうずくまっている。
ノアが寒いところに引きこもるときは具合の悪い証拠。
近づくと「にゃーー・・・」と鳴くんだけど、声も掠れてしまってる。

1日の中でも調子のいい時間もあるみたいで、
そんな時はキッチンカウンターに寝そべってみたり、台所のシンクで寛いだり
あたしの背中に登りたがったりするんだけど、
屈んであげても、ちょっとの傾斜を登ることができなくて
背中に手をかけたままじっとしている状態だ。
ネコ用のおんぶ紐が必要かなぁ。

腎臓の働きが悪くなって、おしっこもうんちも上手に排泄できなくなったら
尿毒症になるらしい。
そうなると痙攣が起きて、なんどか痙攣を繰り返すうちに、死んでしまうらしい。
まだ痙攣は起こしていなさそうだけど、
あたしが仕事に行っている間に起こしていたらわからないしな・・・。

少しずつ少しずつ弱っていくノア。
うずくまるノアを見ていると、「病院に連れて行こうかな・・」とたまによぎる。
あたしには医学的知識も、なんの治療もできないから
病院の先生にすがりたい気持ちになる。
だけどノアは臆病だ。
怖い病院につれていっても、最後の力を振り絞って抵抗して、
結局採血も治療も何もできずに、体力だけ消耗して帰宅するのかもしれない。
しかも外は寒くて、ガリガリに痩せたノアは冷気に触れるだけでも致命的。
なので「自宅でできるベストを尽くそう」と、何度も思い直す。
ノアのしたいようにさせてあげるのを一番大切にしてる。
本音を言えば、ふらふらなくせに高いところに登ってほしくないし
寒いところにうずくまっているのもやめてほしいけど
ノアが選んだならそれがベストなんだろうと見守っている。
c0139765_00115970.jpg
改善する気配はない。
もうだめなんじゃないかと、思ってから1年以上過ごしてきたけど、
ゆっくりゆっくり病状は悪化しているように見える。
今回も乗り切れるんだろうか。
乗り切った後のノアはどうなるんだろう。
寝たきりになったらどうやって介護したらいいんだろうなぁ。

また食欲がでて、少しでも元気になりますように。

[PR]



by panya_poppo | 2018-11-21 00:12 | ネコ | Comments(0)

ノア生きています

地震直前くらいの飲まず食わずのヤバい状態を脱したあと
以前よりもお腹も落ち着いて、だいぶましになった。
下痢してることに変わりはないけど
血便をポタポタたらしながら歩き回ることは減った。
おかげで掃除がだいぶ楽になった。
酷い時は朝に30分、帰宅後1時間ってかんじで掃除しなきゃならなくて
このままだと生活崩壊するな・・・と思ってた。

手も足もほそーくなって
毛もバサバサしてふけも浮いて
たまにキッチンで足を踏み外して落ちたりして、ヒヤヒヤするんだけど、
鼻も濡れているし、
歩き方も元気だし、
食欲もある。
元気そうにはみえてます。
c0139765_19261408.jpg
でももう寝室に来ることは無くなった。
2階まで上がるのがしんどいのか
暫く寝室は締め切っていたから入れないものと思っているのか
自分が汚いことを自覚して遠慮しているのか(笑)
まぁ、今の状態で一緒に寝よー!って入ってきても、追い出しますが(笑)

アリスはノアの餌を横取りしてるのか、どんどんデブに・・・。
そして毎晩寝室で一緒に寝てる。
たまに腹の上に乗ってくるから、ほんっとに重い!!
c0139765_19255994.jpg

[PR]



by panya_poppo | 2018-10-28 19:26 | ネコ | Comments(0)

震災と猫

地震の瞬間、彼らはどこにいたんだろう。
アリスは寝室で一緒だったと思うけど、気配感じなかった。
ノアは翌朝あいさつしたけど普通だった。

むしろ台風がくる前日の方がヤバかった。
運動会の直後あたりから、飲まず食わず、おしっこも垂れ流しで・・・
あーこれ、ダメかな。なんて覚悟もしてたけど、
台風と共に体調不良も吹っ飛んで行ったみたいで、いつものウンチ垂れ流しノアに戻った。

むしろ痩せた分を取り戻そうと、食欲は倍増。
そしてその分出るものも増えているような・・・・

介護するあたしは大変ですが、猫たちは元気です。

c0139765_21361697.jpg
c0139765_21361684.jpg
c0139765_21361693.jpg

[PR]



by panya_poppo | 2018-09-19 21:36 | ネコ | Comments(0)

具合の悪い日

めずらしくダンゴ虫みたいに丸まってアリスが動かない。
c0139765_20273630.jpg
具合悪いんだろうなー

あのガリガリに痩せていた時期からみると
ふっくらまるまる太って元気にしてるけど
腎臓病であることは変わりないもんね。
だいぶしばらく通院してないけど。
c0139765_20273669.jpg

具合の悪い日は
こうやって水の前にボーっと座っていることも多い。
c0139765_20273685.jpg
溺れるなよー


[PR]



by panya_poppo | 2018-08-18 20:25 | ネコ | Comments(0)

ノアダウン

前日まで普通に過ごしていたのに、月曜の朝起きるとノアがじーっと動かない。
餌を用意しても動かない。
まぁたまにはそんな朝もあるよね。

しかし仕事から帰宅しても、変わらずじーっと座っているノア。
ネコは毛で覆われてるから何がどうってわけじゃないんだけど、顔色が悪そうに見える。
餌も水も口をつけた様子なし。
やがてのそーっと立ち上がると、お気に入りの椅子から降りて
パタンと床に寝そべった。
完全におかしい。
ノアは警戒心の強い猫なので、床に寝そべるとかありえない。
#アリスは良く寝そべってる
もう動くのも辛いのか。

普段なら子供らが横を通ると、警戒する様子(踏まれるんじゃないか的な)を見せるのに
今日はそれもなくただぐったりと寝そべってる。

これはヤバいわ。
ほんとにやばい。
子供たちに緊急指令。
「ノア、本気で辛そうだから1メートル以内に近づかないで!」

そんなノアの様子を見たソウタがショックを受けたのか
とーちゃんやばーちゃんに「たすけてー」とメールをしたものだから
遠隔地にいる人々もビックリ!
そりゃそんなメールが来たらびびるわ!考えなしにメールすんのやめて!

普段なら邪魔しまくりの夕食用意も寄ってこないし、
夕食時も近づいてこない
それどころか起き上がったとおもったら「うっ」という感じで身体を丸めて
めっちゃお腹が痛そうなそぶり・・・・。

もうガリガリだからなぁ。
数日飲み食いしないだけでやられてしまいそうだなぁ。
ちょっと覚悟を決めて、近所の火葬場とか調べたりしていたけど、
翌日には少し顔色が戻り、椅子に座る姿も少しシャキッとし、水を飲んでいた。

その翌日には食欲も戻ってきたみたいで、鶏もも肉を焼いたのを食べた。
木曜には元通り、焼いた肉やパウチの猫餌を食べて、
テーブルにも上ってくるし、甘えてあたしによじ登ったり、ニャーニャー鳴いたり
何より歩くときの姿勢がシャキーンとして、
足音がとっとっとっとっ・・・としてたから元気になったんだと思う。
一安心。

この食欲のあるうちに少しでも肉を食べて体力つけておいてね。

追記
体調復帰後はいつも通り肉を食べてる。
最近豚肉は飽きたのか鶏ももをご所望。
今日も食欲あって、ハルカのたべてた唐揚げを横取りしたせいか
夕食後「うわぁあああおぉおおん!!」と鳴いて、軽くのたうっていた。
お腹痛い様子。
波があるようで、うぉおううぅううと痛がる瞬間もあれば
椅子に座って毛づくろいする余裕があるときもあり
陣痛の様ですが、まぁそんなめでたいものではないわけで、痛いんでしょうね。腹が。
盗み食い禁止よ。

[PR]



by panya_poppo | 2018-06-09 00:23 | ネコ | Comments(0)

ノアとの生活

血便は止まらず。
悪化したり、ちょっと改善したりを繰り返してはいるけど
座っているときや寝ているとき、あるいているときもポタポタ垂れてしまうので、掃除が大変。
c0139765_00505320.jpg
ラグは全部捨てた。
床は完全にフローリング。
ソファや座布団などの布製品は汚されるとカバー外すのが大変なので、
常にブランケットを敷いてあって、粗相を発見したらサッと取り替えれるようにした。
汚れたブランケットはブラシでこすり洗いしてるけど、半分血液なのでなかなか落ちてくれない。
c0139765_00505482.jpg
もうこれは介護だなぁ(笑)

大変だけど、
きっと動物と暮らしてない人から見たら、家の中に血便がポタポタたれているとか
信じがたい状況だろうけど、まぁそれが日常だと慣れます(笑)
子供たちも帰宅すると、ここにあるー!!と報告してくれます(笑)

そんな体調だけど、顔付きは元気そう。
c0139765_00505312.jpg
掃除は大変だ。
でも、ノアが元気そうでゴロゴロと甘えてくるから辛くはない。

具合悪そうに寝てばかりになったら、
きっと掃除は今よりずっと楽になるけど、気持ちは辛いんだろうなぁと思う。
c0139765_00524433.jpg


[PR]



by panya_poppo | 2018-05-08 00:53 | ネコ | Comments(2)

ノア(アビシニアン♂)+アリス(ノルウェージャン♀)のブログだったけど、最近は育児記録になってます
by panya_poppo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

その後の毎日
at 2018-12-08 17:16
ありがとうノア
at 2018-11-21 19:31
2018年11月21日10時
at 2018-11-21 18:54
呼吸だけ
at 2018-11-21 09:42
少しずつ
at 2018-11-21 00:12

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧