ノア +Plus

カテゴリ:日記( 502 )




富士山③~登頂後

最後スパートかけたせいで、後ろがだいぶ遅れたらしく
てっぺんの鳥居でしばらく待たされた。
その間にすっかり身体が冷えてしまった。
ガタガタ震えが止まらない。
列の最終は、しいときぬか。
途中で付いていけなくなったらしい。
やっとこ鳥居をくぐったら
「はいじゃあ行きましょう!」
休憩なし!?
ガイドさん鬼過ぎる!

頂上に着いたのは2時半頃だった。
頂上は風が強くてめっちゃ寒い。
3時になったら山小屋がオープンして暖まれるらしい。
早く3時になって!!!
あたしはピョンピョン跳ねながら(←熱を作ろうとw)
しぃはうずくまって
きぬかは震えて、山小屋のオープンを待った。

山小屋ではぎゅうぎゅうに詰め込まれて、みそラーメンを食べた。
このラーメンがめっちゃまずかった。
でろでろの麺に、うっすいスープ。
うっわ、まず!!
の、前に。
食欲がない。
まずいせいではなく、気持ち悪くて食べられない。
そして震えが止まらない。
暖かいラーメンの器を抱えているのに、全然あったまらない。
そして眠い。
今すぐ眠りたい。
あれ、これヤバくない??
気持ち悪さの漂う身体に鞭打ち、
カイロや残りの防寒着を持てるだけ着込んだ。
それでも震えが止まらない。
眠くて目が開けられない。
ガタガタ震えるあたしを、隣にいた見知らぬおねーさんが心配してくれた。
しぃもきぬかも具合悪そう。
まりだけが元気そう(笑)

次のツアー客が来るため、山小屋は半ば強制的に追い出された。
この強風のなかどうしよう!
とりあえずトイレに行こう!
トイレ待ちをしながら暖を取る。
待っている間、立ちながら寝そうだった。
暖かいところで、最強に着込んだものを脱ぎ着するという
めっちゃめんどくさい行動をしたおかげで、
少し体に暖かさが戻った。
でも、そんなものはトイレの外に出たらあっというまに吹き飛ばされた。

ご来光まで1時間弱あるよ!どうしよう!!
どこか風を避けられるところは?
どこにもないよ!
どうしよう。
あたしらは壁沿いに少し空いてたスペースを陣取り、
周りをリュックで覆い(風除け)
5人ぴったりくっついて過ごした。
くっついていると幾分暖かく、
ブルブル震えながらも眠かったのもあって、いつの間にか寝ていた。
あの、焼き芋のホイルみたいなシート欲しかったなぁ。
そしたらもっとあったかくご来光を待てたのに!

5時
空が少し白んできた。
ご来光が近いらしい。
c0139765_00483729.jpg
うちのツアーは、下山しながらご来光を見るようで
少しずつ下りながら、ご来光を見た。

寄り添って暖まったこと、
少し寝たこともよかったのかな。
あと、おやつを食べたのもよかったのかな。
あたしはご来光の時には、だいぶ体調が回復してた。
c0139765_00483710.jpg
おやつを食べるたびに、ちょっとずつ体調が戻ってくるのを感じ
「シャリバテ」という、事前調査のときに見かけた単語を思い出した。
シャリバテってのは、
エネルギー不足になってしまうことらしい。
そうなると気持ち悪くて大物は食べられないので
グミやチョコでちょっとずつ回復して
そしたら物が食べられるようになるそうで、
下山しながらそれを凄い感じた。
おやつを食べるたびに、空腹を感じるようになった。
寒かったのもエネルギー切れだったのかもなぁ。
暖まろうとピョンピョン跳ねてたのは、
逆効果っていうかとどめだったかもなぁ(笑)
まぁ薄着過ぎたってのもあるんだろうけど。

ご来光はものすごくきれいだった。
もくもくの雲のじゅうたんの上に、
太陽がふわっと輝いて、
あーー。登ってよかった。やりきった!と思った。
c0139765_00483840.jpg
c0139765_00483809.jpg
c0139765_00482613.jpg
やりきった!というのは間違いだったけど。
やりきってない。
まだまだ下山という、大変な道のりが待っていたのです。
c0139765_00483762.jpg
下山はジグザグの砂利道が続く。
どこまで続くのかなと、谷側をひょいっと覗きこんだら
延々と下の方まで人がジグザグ点在してて
ここは地獄かな?と思ったり(笑)
c0139765_00483999.jpg
砂利道なので滑る。
そしてそれが延々続く。
砂利道なので砂埃が凄い。
モウモウと舞い上がり、ハードコンタクトのきぬかは目が開けられない状態。
それなら!と
腕を支えて連れて行こうと思ったけど
体調不良で早く歩くのも辛いとのこと。

下山リタイアかな?
可能性がちらついた。
なほも捻挫してるし、下山無理かも?

そんなわけで二人を残し、
まりはなしぃの3人は、割と高速で下山。
トイレ目指して(笑)

しかしほんと萎える。
降りても降りても砂利道。
7合目過ぎたら、すぐに6合目のトイレがありますからって
ガイドさん言ってたはずなのに、
全然6合目が遠いんですけど!!!

地図を見ると、7合目まではジグザグ下山だけど
そこからはまっすぐ道に。
ココは砂利道じゃないといいね!と励ましあって降りましたが
安定の砂利道でした・・・。
心折れる。
もういいわ、富士登山。
絶対登らない!!

6合目。
きぬかからギブアップの連絡。
あー、やっぱし。
そして驚きの連絡。
なほは追いかけるって。
え???
だ、だってだいぶ遅れをとったんじゃない?
今から?
一人で?
まじで?
だって捻挫はーー??
しかも、もうだめだとなったきぬかに
「きぬかはそこに座ってな!」
助けを呼んでくるぜ!的な。
かっこいーーー!
実際、救助の馬の手配をしたのもなほだし、かっこよすぎる!!
そして本当に、あたしらの20分ほど後に下山。
ラストスパートすごくない??

下山は9時半までにしてください!と言われてましたが
先陣組は9時前に、なほも9時過ぎに下山。
優秀~!

きぬかがどこから馬に乗ったのか、
話を聞いてもイマイチ思い出せなかったんだけど
トンネルのところから乗って、2万5000円だそうです。
トンネルってどこだろー。
7合目の後??
そんなわけで、9時半は過ぎていたけど
きぬかも無事に下山。
結構降りてきてたから、バスの発車時間を気になければ
自力で下山できた気がする。

5合目で後片付け。
全身砂まみれ。
服もカバンも砂まみれ。
鼻の穴が恐ろしいほどに真っ黒・・・。
早くお風呂に入りたい。

帰りにガイドさんにあった。
「あ、お世話になりましたー」
「おねーさんたちさ、大事なもの忘れたでしょ?」
「え?」
「帰りのバスチケット!」
(あぁ、さっき同じツアーの人からしぃが受け取ってたような?)
「山小屋に忘れてってたよ?」
「!」
「僕、7合目まで登って受け取ってきました。」
「!!」
「ほんとにお世話になりました!!!」

10時半。
無事に全員バスに乗り込み、富士山5合目を後にしました。
風呂までの道のりでウトウト
風呂に入って昼飯を食べた後は
運転手以外、全員お昼寝状態で帰ってきました(笑)
そりゃあね、眠いよね。
徹夜で登山だもの。

本来だったら寝てるべき時間に、
暗闇の中必死に岩を登ってきたんだもの。

羽田から飛行機。
千歳から高速バス。
そしていつもの自宅へと続くバスに乗り込んだ。
「もうすぐ、家に着くよー」とLINEを送り
そうか、昨日の朝に出発したんだよなぁと。
つい昨日の出来事なのに、
あのだいぶスポーティな服装でバスに乗り込んだのが
随分前のことに感じるくらい、
この1日は濃厚でいろいろあった1日だったなと気付いた。

ご来光は美しかったけど、
過酷すぎてもう行きたくない!!
もう富士山には登らない!と
帰りのバスの中では散々文句いってたはずなのに、
翌日には、「来年の富士山にはさ!」なんて会話。
なに、みんなどうしちゃったの?
忘れちゃったの?あの過酷さを(笑)
なんでまた行こうとしちゃってるのさー。
あたしはもう行かないよ!
たぶんね。


[PR]



by panya_poppo | 2017-08-26 00:46 | 日記 | Comments(0)

富士山②~頂上へ

当日は5時15分起床。
何故なら始発のバスに乗らないと間に合わないから!
早起き苦手だから、すごい緊張した。

登山するぜ!という万全の服装でバスに乗り込んだので、
ものすごい浮いてるんだけど
「富士山だ富士山だ!」と、自分自身が浮かれていたので
ほとんど気にならず。
ただやっぱり傍目には「何かしに行くんだな」と思われる服装なのか
羽田で買い物した時に「頑張ってくださいね」と声をかけられた。

全員が初心者なので、ガイド付のツアーにした。
ツアーのバスは、羽田であたしを拾い
新宿で残りの5人を拾って、富士山5合目に向かう。
※途中、談合坂SAに寄った。帰りは寄らなかった。
c0139765_00423200.jpg
バスにはあたしたちの他にもお客さんがいて
全部で28人だった。
全体的に若い人が多い気がした。
それもそのはず、このツアーは富士山のツアーの中では
割と過酷な部類の弾丸ツアー。
そうと知ったのは、もう登り始めた後だったけど(笑)

5合目に到着したのは15時半。
c0139765_00423301.jpg
ここで登山準備をして、不要な荷物は置いていく。
(翌日の着替えとか)
ツアーで行くと、専用の着替える座敷が用意され
荷物も預かってくれる。
心配な場合はコインロッカー(有料500円)もある。
コインロッカーはそれほど数は無かったけど、
使わない人も結構いるので、
空きがあるくらいの状態だった。

事前の情報では高山病対策として、
身体を慣らすために5合目で1~2時間過ごすとのこと。
だったら登山準備をして
登山って感じの服装にして
富士山メロンパンとかもって写真とか撮ろうよ~!
なんて言ってたのに
あたしたちに与えられた時間は1時間。
え?
しかも、慣れない登山準備に手間取り、
あっというまに集合時間。
そして、出発。

5合目~6合目までは、登山遠足?って感じの登り具合。
楽しくおしゃべりしながら
山のルールなんかを教えてもらう。
休憩するときは山側に寄って、
登山者の道をふさがないというのが一番大事とか。

6合目でトイレ休憩。
富士山のトイレはお金がかかる。
1回200円
頂上は300円。
(とはいえ、任意ってかんじのボックスなので、
お金払ってない人もいるだろうなぁ)
なので、100円玉はいっぱい持ってきた。
25枚くらいもってきた。
水分やおやつを補給したいと思った場合も、
ペットボトルが500円とかの富士山価格で売ってるので。
小銭は大事だと思う。
c0139765_00423392.jpg
c0139765_00415407.jpg
c0139765_00423387.jpg
6合目から見上げると、上の方に山小屋がずらーっと並んでいるのが見えた。
ここからあそこまで登るのかぁ・・・
いやいや、あれは7合目だった。
あたしたちはここからは見えていない
もっともっと上まで登るんだ~(驚)

6合目から急に険しくなる。
軍手必須。
ストックで登ってる人もいたけど、
あたし的には手で岩を掴んで登る方が楽だった。
それでもあたしたちはまだ元気。
高山病怖いね~
意識して深呼吸!
くだらないことをしゃべりながら登っていく。
c0139765_00415520.jpg
c0139765_00415593.jpg
c0139765_00415595.jpg
あと一息で7合目の宿泊場所、花小屋!ってとこで
ふぅちゃんが遅れだした。
貧血でドクターストップすれすれだったふぅちゃん。
鉄分注射を打ってきたらしいけど、顔色悪め。
もうすぐ小屋だから頑張ろ!という気持ちで
あたしたちは手伝ってしまった。

花小屋到着~~!
c0139765_00423307.jpg
c0139765_00415582.jpg
するとガイドさん
「おねーさん!ここでリタイアしましょう!
荷物を持ってもらった時点でアウトです。」

え???

「ここでこの状態だったら、頂上は無理です。
途中で具合が悪くなって、自力で降りられなかったら
いろいろお金がかかりますよ!
はい、名前おしえてください。」

もうこっちが悩む暇もないくらいに畳み掛けてくる。
勢いに押されて、ふぅちゃんはリタイアすることに。

安易に手伝うんじゃなかったね。
あたしたちは夕食の牛丼を食べた後、反省した。
仮眠したら身体が慣れて、登れるようになるかもよ?と
淡い期待を抱いたけど、なんと仮眠時間は1時間半。
ぜんっぜん寝れないww
疲れてるだけあって、横になるのは心地よかったけど
朝のまどろみタイムみたいな。
寝てるような・・・寝てないような・・・。
しかも一つの布団に二人で寝るという。
知らない人とだったら、キツイねという状態。
偶数で来ててよかったかもね(笑)
あっというまに起床時間。
登頂に備えて防寒とヘッドライトを用意。
ストックは封印して、あたしは軍手を装着。
防寒と言っても、あたしは薄いジャージを一枚羽織るだけにした。
途中までは正解だと思った。
寒くもなく、暑くもなく。
後で泣きを見ることになりますが。

まだ少し顔色の悪いふぅちゃんに少し罪悪感を抱きながら、
あたしたちは21時半に7合目の花小屋を出発。
そしてその罪悪感は5分でふっとんだ。
置いてきてよかった!!!
7合目までの道のりとレベル違う(笑)
暗いのでヘッドライトの明かりを頼りに
「間を開けないでください!!」
と言われて、ひたすら前の人を追いかける。
岩を登って、山小屋へ。
また岩を登って、次の山小屋へ。
寝起き?の身体には過酷な道のり。
何個目かの山小屋に付いたところで、ツアーの一人がリタイアした。
若そうな女性。学生かな?という雰囲気の。
ここでリタイアした場合、
具合が悪いってのに、
この暗闇の中、
登ってくる人々を避けながら、
今登ってきた岩を一人で降りて行って山小屋へ戻らなければならない。
か、過酷~~!!
ふぅちゃんあそこでリタイヤしておいてよかった~~(笑)
むしろあたしらぐっじょぶーー!!

ツアーでは、体力のない人を列の先頭に置くらしい。
後ろに行けばいくほど、付いていくのに体力を使うらしい。
登山初心者の運動不足のアラフォー女性。
前に行った方がいいだろうと、
ガイドさんの後ろに付いていた。
なので、自然とガイドさんといろいろ話すことに。
(高山病予防のためには話しながら登る方がいいらしい)
ふとした会話で
「あー、さっきからあくびがとまらないや」と言ったあたし。
「それは高山病の初期症状です」
目をつけられた。
やばい、こんなところに捨て置かれたら、帰れない!!!
必死に深呼吸~~~!

少しSっ気のある、渋滞嫌いなガイドさん。
遅くなると混みます!
急ぎましょう急ぎましょうと、どんどん登っていく。
あたしも深呼吸を心がけて必死についていく。
「おねーさん、足腰が強いですね。」
ほ、褒められた?
道産子ですから。

7合目~8合目は、ハードな岩登りだった。
8合目からはストックが役立つ感じの、山登りだった。
途中の休憩で、おやつを食べる。
美味しい!!
途中まで牛丼が胃に重いとおもっていたのに
いつの間にか凄い空腹。
満天の星空を眺めてお菓子を食べる。贅沢~。
ついでに雷も見放題。
なんかすごかった。
下の方でオレンジ色に光ったり、稲光が見えたりして。
雷に見惚れていたら、周りから歓声が。
今の流れ星すごかった!!
…みのがしたーー(涙)
あたしらは天気に恵まれていた。
風もほとんどなく(8合目過ぎたあたりから少し吹いてたかな)
雨も降らず、
歩いていると寒くないくらいの気温だった。
ただし10分休憩とかすると、ものすごい冷える。

9合目で防寒をフル装備した。
いや、フルじゃなかった。
ズボン、履いてなかった。
それがあたしの敗因の一つだと思う。

頂上直前、再び岩登りになった。
最後のスパートと言わんばかりに、休憩なしにぐいぐい登っていくガイドさん。
ここを登りきればゴールですから!
し、しんどい。。。
空気が薄いせいもあるのか
通常であれば寝てる時間なのに、完徹で岩を登っているからなのか
お腹が空いていたのか
いや、全部だったんでしょうね。
最後の岩登りがしんどい!
「もーーつかれた」というと
「え、私楽しい」とまりさん。
さすがです(笑)

無事に二人で頂上の鳥居をくぐる。
ゴール!!
つかれたーー
岩場に座り込んで空を見あげる。
あー
気持ちいい。
ここ風もないし、いい景色ー。
と、星空見上げてボーっとしてたあたし。
その間にズボンをはけ!!!お菓子を食え!!


[PR]



by panya_poppo | 2017-08-26 00:40 | 日記 | Comments(0)

富士山①~登山前日まで

「40歳記念に何かしたいな~」
「いいねー」
「富士山登山とかしようよー!」
「やろう!!」
まりとしぃのノリと勢いの提案に
あっという間に全員巻き込まれ、
6人で富士山登山に挑戦することになった。

全員初心者。
「ずっと登りたいと思ってたんだ~」
「登山やりたいと思って、道具はある~」
みんな、興味がないわけではない。
あたしも屋久島行くくらいだから、むしろ登山は好きな方。
登山、楽しそうじゃん♪
という感じで、誰もロクな調査もしないまま決定(笑)

8月くらいからでしょうか。
みんながイロイロ調べ始めたのは。
富士登山って何するのーと。
そこでやっと、
あたしたちは日本一高い山に登ろうとしてるんだと、
意識することに・・・。

準備ってなにすればいい?
今から体力作り?無理だよね。
高山病って何?
ネットで情報を漁り、3776m目指して準備を進めた。

あたしはというと
道具はすべてレンタル
服装はほぼユニクロで揃えた。

体力作りはしなかった。
登る前1週間は、意識して鉄分を摂取した。
残念なことに、登山4日前に雨に濡れた地下鉄の床で滑り、
腰をひねったけど、当日には若干痛いかな?くらいに回復。
前日は早めに就寝。


[PR]



by panya_poppo | 2017-08-26 00:38 | 日記 | Comments(0)

夏の帰省

2泊3日で新得へ。
結局今年も2泊3日。
なかなか「ソウタだけお泊りしていく~♪」とはならないなぁ(笑)
「ハ、ハルカと一緒ならいいよ・・・」というビビり具合。
c0139765_00063136.jpg
あたしは子供のころ、
一人で親戚の家に遊びに行って泊まって帰ってくるの、
自分の家とは違う習慣や生活サイクルが新鮮で、好きだったけどなぁ。
きっとソウタがいない我が家は
ハルカ的にも新鮮で、魅力的だと思うんだけど(笑)
来年のソウタに期待しよう!
c0139765_00063284.jpg
ソウタはタイチが大好きで
新得で楽しかったことなにさー?と聞くと
「タイチとゲームしたこと!」
「あとタイチとサッカーしたこと!」
「あとタイチと公園にいったこと!!」
ランキングが全部タイチ(笑)
たしかに、あんな優しい5年生男子、なかなかいない気がする。
だからソウタに憑りつかれるんだなぁ(笑)

その後、兄家族と焼肉したり
シャボン玉やボールを追いかけあったり
夜になったらお祭りにいって盆踊りしておやつをもらったり。
もち拾いも白熱した。
夏の行事を満喫した。
いっぱい思い出作ってくれ。北海道の夏は短いから!
c0139765_00063295.jpg
c0139765_00063237.jpg


[PR]



by panya_poppo | 2017-08-14 23:50 | 日記 | Comments(0)

出張ノースサファリ

お盆の買い出しに、久々サツエキ方向へ。
大丸は混んでてぐったりするので、いつも通り東急へ。
そしたらノースサファリ札幌が1階の南側入り口に来てたーーー!

ピヨピヨかわいいひよこを抱っこできたり
ウサギをなでなでできたり
c0139765_23483778.jpg
c0139765_23484187.jpg
フェレットとじゃれたり
アヒルに餌を与えたり♪
c0139765_23485261.jpg
c0139765_23485211.jpg
ふわふわかわいいものに触れ合えて、子供たち嬉しそう。
あたしもひよこなんて滅多に抱っこできないから、ウキウキしたわ~。

この日は8階でミニ縁日みたいなのもやってて
1回50円で、ヨーヨーが釣れたり、磁石のお魚が釣れたり。
少しだけお祭り気分を味わえた。ラッキー♪

8階はおもちゃ売り場が結構遊べて、うちの子供たちは大好きだ。
あたしもデパートの子供服売り場、
セールの時は意外と掘り出し物があるので大好きだ(笑)

この日も、ハルカのリュックとソウタのスニーカーを半額でゲット!
ばんざーい!


[PR]



by panya_poppo | 2017-08-11 23:18 | 日記 | Comments(0)

美笛でキャンプ

子供たちが生まれてから初めてのキャンプ。
Tファミリーと一緒に、支笏湖の美笛キャンプに行ってきた。

人気のキャンプ場で、ひどいときには10時頃に入場制限がかかるらしいんだけど
この日はうっすら霧雨が降っていたので、
8時少し前に出発して、到着したのは9時過ぎだったかな?
入場制限はなかったけど、さすが人気のキャンプ場で、ほとんどのサイトが埋まってる感じだった。

湖畔のサイトと、木立の中のサイトがある。
あたしらは木立の中に立てた。
湖畔も人気なんだろうけど、どこに立てたとしても、自然が素敵。

まぁ、我が家はそれどころじゃなかったけど。
ハルカが到着直前に車内で吐きまして。
到着まで800mとかいう看板のあたりだったかな
あたしの膝の上に移動して、なんか眠そうに顔をうずめてるとおもったら
おえーーっと・・
あたしの上で・・・・
いやまぁ、あたしの上で良かったんだろうな。
おかげさまであたしとハルカはゲロまみれだったけど、
車には被害なし。

到着してそっこー二人でシャワーを浴びに行きました。
シャワーのあるところでほんとよかった!!
しかも、洗濯機もあった~~~!
連泊もしないのに、まさかの洗濯(笑)
シャワーも100円で10分くらいお湯がでてくるので、
ありがたくすっきりさっぱり洗い流せた。

その後のハルカは元気いっぱいだったので、おそらく車酔いかな。
今までを思い起こせば、たしかに車苦手なんだろうな。
今後のドライブが恐ろしい。
c0139765_18074378.jpg
テントを立てるのは父ちゃんたちの仕事。
どのくらいかかったっけ?1時間半とか??
c0139765_18074366.jpg
我が家のテントがたちましたー!!
お疲れ様ーー!
c0139765_18074352.jpg
極力頑張らないキャンプにしようと(超初心者なので)
昼間はレトルトカレー
しかもご飯はレンジでチン!(←管理棟にレンジもあった)
c0139765_18074382.jpg
たべたらこの人のメインイベントです。
到着してからずーっと「早く行こう」ってうるさいうるさい・・・
c0139765_18103304.jpg
エビ取り
c0139765_18103378.jpg
川の方にいくと、海老がとれる。

川の水は、大人には非常に冷たくて、
足がいたいーーー
神経にしみる~~と、大人は大騒ぎだったけど
子供ってなんで平気なんだろうなー。
ハルカもソウタもちゃぷちゃぷ入ってて、ほんと不思議・・・。
c0139765_18103341.jpg
2時間くらいやってたんだろうか?
そこそことれました
c0139765_18103237.jpg
この子たちは、こんな感じで・・・
c0139765_18103272.jpg
いただきまーす と(笑)
c0139765_18103362.jpg
七夕のお願いが
「食べれる魚が釣りたい」だったこの人も、じーっと出来上がりをまって
c0139765_18103252.jpg
いただきまーす
c0139765_18074109.jpg

満足していただけたでしょうか
c0139765_18074286.jpg
夜は焼肉。
こちらの方も・・・

あーーーん!
c0139765_18074249.jpg
うめーー♪
c0139765_18074296.jpg
満足していただけたでしょうか
c0139765_18074234.jpg
初めてのことで
準備はあれこれ悩んで大変だったんだけど、楽しかった。
霧雨かよーと思った天候も
薄曇りなおかげで体力も消耗せず、風もないので寒くもなく
思い返せば凄い恵まれてたんじゃない?という感じ。

来年もまた挑戦しましょう!

[PR]



by panya_poppo | 2017-08-05 17:46 | 日記 | Comments(0)

【6歳】顔を洗えば・・

yahooのニュースに以下の記事を発見
---
「そうた」と読む名前の人気が上がっており、16年の年間20位以下から
「奏汰」(12位)「奏太」(13位)がランクインした。
人気俳優の福士蒼汰さんの影響とみられる。
---
ソウタに教えてあげた。

その人だれ?と聞かれたので、画像を見せてあげると
「おー、カッコいい!!」

そうだねー
かっこいいねー
ソウタの未来はここにはつながってないなーと茶化すと

「そんなことないよ。
毎日、めっちゃ顔洗えば、かっこよくなるって!!」とのこと。

めっちゃ笑えた(笑)
洗顔でイケメンになれるんかいっ
キリッと
c0139765_23464619.jpg



でもすぐこれ↓↓↓
c0139765_23464665.jpg

[PR]



by panya_poppo | 2017-07-31 23:47 | 日記 | Comments(0)

滝川 せせらぎ公園

せっかく砂川まで来たので、
もうちょっと足をのばして滝川に行ったら
ちょうどいい水遊びの公園発見!!
c0139765_00282569.jpg
こんなに素敵な場所なのに
ほとんど人がいなくて
これが札幌だったら、うじゃうじゃ子供がいるんだろうなぁと思うと
今日、この公園を発見できたことをラッキーだと思った。

ハルカは父ちゃんと車内でお昼寝してたからいいものの
ハルカには若干危ないかなーという気もしたわ。

暑かったけど、いい気持ち!
c0139765_00270964.jpg
また変顔↓↓
c0139765_00270856.jpg
あたしとダンナの組み合わせで、こんな愉快な子供が育つ理由がわからない(笑)

[PR]



by panya_poppo | 2017-07-23 00:24 | 日記 | Comments(0)

砂川子供の国で魚取り

「魚釣りたい」
↑そうたの口癖

つりぼりは高いから連れて行きたくないし、
その辺の川で釣りを楽しめるほど、忍耐力等ありませんし、
どうしようかなーとおもってたら、砂川の子供の国の池に小魚がいっぱいいた。
c0139765_00124566.jpg
ぱらぱらーっと鯉の餌をばらまいて
小魚が集まってきたところをすくうとあっという間に大漁~♪

エビもすくえてた。
ソウタ大満足。
c0139765_00124639.jpg
最後は全部逃がしてきたけど、
この日以来
「魚釣りたい」の口癖が減った気がする♪

もっとやってもよかったんだけど、
この日すっごい暑くて!
まさかこんなに日差し出ると思わなかったから(当初雨予報)
ハルカもソウタも帽子忘れちゃってて、
戦う準備ができてなかったのよ、ごめん。
c0139765_00124573.jpg
しかも、ハルカは風邪ひいてゼェゼェと苦しそうだったし。
VIP待遇で、移動はすべて抱っこ。
水辺や日陰の比較的涼しいところで過ごしていたけど、それでも汗だくだった。
c0139765_00124528.jpg
ホントなら、あたしとハルカは家で留守番してたほうが体調には優しいんだろうけど
ソウタだけいってらっしゃーい!
ハルカお留守ばーんってのは、もう最近は納得してくれなくなってきたしね。
しゃーない。

鯉に餌をやって満足のハルカさん
c0139765_00124680.jpg
怖いくらいにデカい鯉がウジャウジャいたわー
c0139765_00124637.jpg



[PR]



by panya_poppo | 2017-07-23 00:02 | 日記 | Comments(0)

キッズ祭り

近所で子供向けのお祭りが開催されていたので行ってきた。

お金のかからないお祭り。
子供向けのゲームや、スライムづくり、シャボン玉。
最後は30分くらい子供盆踊りを踊って、おやつ貰って終了。
出店が無いからさみしい感じもするけど
幼児が集まるには安全でほのぼのしててありがたい。
ソウタには物足りなくなってきてるけど、ハルカはもう数年お世話になります。
c0139765_00005481.jpg
それにしても・・・
ハルカの首、どこいったんだろう?
甚平着ると、おすもうさん感がはんぱないな・・・(汗)
c0139765_00005406.jpg

[PR]



by panya_poppo | 2017-07-22 23:55 | 日記 | Comments(0)

ノア(アビシニアン♂)+アリス(ノルウェージャン♀)のブログだったけど、最近は育児記録になってます
by panya_poppo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

定山渓 ビューホテル
at 2018-02-11 00:51
ルスツ
at 2018-02-10 23:46
【入学準備】児童クラブ
at 2018-02-08 23:45
【入学準備】スーツ購入
at 2018-02-08 23:40
【3歳】保育園懇談
at 2018-02-08 23:19

検索

ファン

ブログジャンル